TOP PAGE > B 費用、料金など > 検査手数料、検査料

車検の検査手数料、検査料など

検査手数料

 自動車検査手続きに必要な 「検査申請料」とも言える費用で、運輸支局等、又は軽自動車検査協会が窓口となり、主に国や検査協会、自動車検査法人などへ支払われる手数料のことを指します。

 継続検査を受け付けてもらい、更新された新しい車検証を交付してもらうための一連の手続きの手数料と言うと分かりやすいかな。

 尚、これらの手数料については、国へ支払う 「印紙代」、地方自治体などへ支払う 「証紙代」とに分けられ、また、自動車検査そのものに対する手数料(基準適合性審査に係る手数料)と、車検証交付に必要な申請に対する手数料とに分けられるが、これらの手数料全て合わせ 「検査手数料」という名称で呼ばれております。(内訳については割愛 m(_ _)m)

 なので、

 運輸支局等、又は軽自動車検査協会の検査場にて直接車両を持ち込み自動車検査をしてもらうだけでなく、指定整備工場などで自動車検査をしてもらった場合でも〜 運輸支局等、又は軽自動車検査協会へ必ず支払う必要となる、車検の法定費用(固定費用)とも言える手数料のひとつ。(尚、これらの手数料の支払いは印紙や証紙を用いて支払いしますが、車両を持ち込み検査してもらう 「ユーザー車検」でない限り、これらの印紙や証紙にお目にかかることはほとんどないと言えるでしょう)

検査手数料一覧 (継続検査のみ)
軽自動車  指定整備工場で検査 1,100円
 持ち込み検査 1,400円
 限定自動車検査証 (持込再検査) 1,200円
普通車(小型)    指定整備工場で検査 1,100円
 持ち込み検査 1,700円
 限定自動車検査証 (持込再検査) 1,300円
普通車(他)    指定整備工場で検査 1,100円
 持ち込み検査 1,800円
 限定自動車検査証 (持込再検査) 1,300円
※ 尚、これらは平成23年5月時点での手数料です。

その他類似する検査料

 ディーラーや民間整備工場・・・ といった 「指定整備工場」の認可を持つ整備工場で自動車検査を受けた場合には、(認証整備工場ではなく あくまで指定整備工場であることに留意。 但し外注先も含みます) これらの意を持つ 「検査手数料」と似た様な言葉で「総合検査料」、「車両検査料」、「保安確認検査料」・・・ といった具合に、「検査料」と名の入る手数料が見積もりや請求書に入ることも多いとは思いますが、(※ 但し、「検査料」や 「検査」という語句は入るが、混同を避ける為、あくまで 「検査手数料」という言葉ではないことに留意。 検査手数料は上記の手数料のみです)

 こういった 「検査手数料」とやや似通った各検査料の内訳は、運輸支局等、又は軽自動車検査協会にて 「検査手数料」として支払う〜 一部の 「基準適合性審査に係る手数料」に代わるその指定整備工場における 独自の自動車検査の手数料・技術料であって、運輸支局等、又は軽自動車検査協会などを通じ、国や検査協会、検査法人などへ支払われる手数料とは全く異なる手数料という事を予め理解されておきましょう ^^

 まあ簡単に言えば、その車屋さんで、従業員の検査員が自動車検査を行う手数料 と、そうお考え頂ければ分かりやすいかと。

 ちなみに持込検査は、運輸支局などの公の検査員が検査を行います。(なので持込検査に比べ、公の検査員が検査を行わない 代わって自社検査になる指定整備工場では、ここで言う検査料が必要な代わりに国などに支払う手数料が安くなっているんですね)

 なお、ここで言う手数料には、ライト光軸やトーイン調整など、ちょっとした手直しとか調整料とかが含まれる場合もあり、またこれら相場は一般的には3,000円〜 10,000円くらいだと考えられます。

Copyright (C) 車検サポートWEB All Rights Reserved. (Since:2006)