TOP PAGE > @ 車検のタイプ別と特徴 > 即日スピード車検

即日車検、スピード車検と呼ばれるものについて。 概要、相場、メリット・デメリットなど

 「30分車検!」、「45分車検!」といったスピード車検のこと。

 予約を事前に取っておき、当日の30分前後〜 という短時間で完了させてしまう即日スピード型の車検で、工場の多くは 「フランチャイズ系」が多いのも特徴。

 スピード系車検の多くでは「立会い車検」を行っており、予約当日に、整備士数人がかりで法定点検を行い、(お客様お立会いの下、点検箇所の各部の説明を行いながら進行) その法定点検を済ませ、車検ラインを通し〜 検査を合格させ終了! といった具合 ^^)

 こういった即日スピード型は、短時間で車検を行う代わりに・・・ 低価格で台数をこなす 「薄利多売」という経営方針が中心となるため、費用の安さは大変魅力的 (^m^)

 しかも! こういった即日スピード車検で営業するには〜 一定レベル以上の設備や技術力の必要となる 「指定整備工場」である必要もあるので、(指定のない工場では出来ない車検) その車検屋さんの実態は、地域的にもかなり大手の中古車販売店が運営している場合がほとんどだったりも。(つまり、技術力に対してはそれほど不安となる材料はないでしょう。 もちろんきちんと保証された点検整備記録簿もあるので安心)

即日スピード車検系の費用相場
 法定点検費用 15,000円 〜 20,000円
 検査料関連(検査費用)
 その他 コースオプション ---
 車検代行料(手数料) 0円 〜 5,000円
 車検基本諸費用(法定費用) 【⇒ 参照
 値引き交渉 やや難しいでしょうか・・・

 上記の相場表はあくまで私の身近な環境における平均的な金額であり、その店舗のある地域、店舗の種類によっては上記表の相場よりも割高、又は割安にな場合もあるので、あくまで概算的な予想値としてご参照下さいませ m(_ _)m

 上記の相場表は、あくまで国産車を基にした相場予測値なので、全体的に費用が割高傾向となる輸入車系においてはあまり参考値とならない場合も御座います。

 上記表には、車検、及び法定点検において別途必要となるであろう修理費や部品代等は一切含めておりません。

 但し! ひとつ気をつけておいて欲しいのが〜

 いくら当日の30〜45分で終了するとは言っても! それは全く整備&手直しの必要とならないクルマの場合であって、ほとんどの場合には! 何かしらの整備や手直しが必要となり、それ以上の時間が掛かってしまうのが一般的・・・ と、考えておきましょう。(当日中、又は短時間では交換・修正が不可能な部位や部品であれば、結局は預かり車検みたいになってしまう事も多いです。 場合によっては後日出直ししなくてはならない事も)

 それと!

 基本的な車検費用がかなり低価格である反面、修繕や手直し(付加整備)が必要となった場合には・・・ それらの修繕や手直しに必要となるいわゆる 「技術料」は意外と割高なケースも多く、(私の知っている工場では、水の補充程度でも500円かかるらしい ^^; 普通の車検ではちょっと考えられない追加料金かな。。)

 ちょっと聞いたお話によると〜 やはり薄利多売では限界もあり、車検工賃は割安だが しかし結局は付加整備の工賃を重視し、その付加整備で利益を上げるのがこの手の車検の一般的な手法(最終目的)だとか・・・

 また、その場では車検には通るけど、法定点検の結果で、出来れば手直ししておいた方が・・・ という部分も、(例えば〜 ブレーキパットの残量が残り1mmだとか、ファンベルトの亀裂が酷くもう数ヶ月ももたない状態だとか。 車検には合格するが、法定点検の見解基準では手直しが必要と思われる部位)

 その当日での手直しが困難であれば、結局は、最悪後日また出直すか、預けて帰る・・・ ということにも。(もちろん即日で出来たとしても、修理にはそれなりの時間が必要となる事も。 場合によっては数時間待ちなんて事もありますよ ^^;)

 ということなので、

 私の個人的には〜 とにかく安く済ませたい・・・ という方にはもちろんですが、ただ、かなり年式が新しいクルマで、且つ走行距離もかなり少ないクルマだけに限定された方がいいのでは? というのが正直なところ。(逆に言えば、年式が古いクルマになればなるほど〜 手直しリスクが増え意外と手間と最終的に割高になってしまう懸念点もあり〜 この手の車検はあまりオススメ出来ない・・・ と)

Copyright (C) 車検サポートWEB All Rights Reserved. (Since:2006)