TOP PAGE > C 車検代の節約ガイド > 最低限必要な費用

車検に最低限必要な費用

 車検に必要な費用は、各法定費用や基本諸費用、点検整備費用や各種技術料、工賃、手数料などで構成されますが・・・

 ところで、整備工場などの業者側の一切の利益や手数料、各種費用を除くと、実際には車検の原価とも言うべき 「絶対に必要となる最低限費用」は一体どのくらいだか 皆さんはご存知でしょうか? (この最低限の費用のことを〜 一般的に 「法定費用」と言います

軽自動車

 ミラ・アルト・ワゴンRなど

 おおよそ 34,370円

 内訳: 自動車重量税6,600円、自賠責保険26,370円、検査手数料1,400円 (※ なお、軽トラや軽ハコバンなど、4ナンバー貨物車も同じです)

1,000ccクラスの小型車

 ヴィッツやパッソ等 (車両重量が1トン以下)

 おおよそ 45,940円

 内訳: 自動車重量税16,400円、自賠責保険27,840円、検査手数料1,700円 (※ なお、1000ccでも、車両重量が1トンを越える場合は2000ccクラスを参照)

2,000ccクラスの小型車

 フィットやプリウス等 (車両重量が1トン以上1.5トン未満)

 おおよそ 54,140円

 内訳: 自動車重量税24,600円、自賠責保険27,840円、検査手数料1,700円 (※ 小型車のみ。 普通乗用は検査手数料が100円アップ)

3,000ccクラス以上の普通乗用

 クラウンやフーガ等 (車両重量が1.5トン以上2トン未満

 おおよそ 62,440円

 内訳: 自動車重量税32,800円、自賠責保険27,840円、検査手数料1,800円 (※ 但し、車両重量が2トン以上となる車両は除く)

 
 ※ 上記の金額は平成25年4月1日現在の金額です。

 ※ 自賠責保険料は24ヶ月で算出(本土用)。(尚、保険の始期が平成25年3月31日以前の場合には、若干保険料が異なります)

 ※ 自動車重量税の額は、新車から13年未満のエコカー減税対象車を例に算出しております。(⇒ 平成24年5月以降は、年式や車種毎に額が異なります。 ちなみにエコカー減税対象車は段階的にもっと安く、逆に車齢13年を超える車はもっと高くなる場合もあるでしょう)

 ※ 上記の例に当てはまらない車種もあります。
 ※ リサイクル券は預託済みとして計算。
 ※ 検査手数料は、運輸支局などの検査場への持ち込み検査を基準に算出。(ユーザー車検時など) ちなみに・・・ 民間車検場(指定整備工場)での検査の場合だと、ここは若干安く(数百円程度)なるでしょう。

 ※ もちろん24ヵ月法定点検に要する費用は含めておりません。(これは工場側の点検手数料。 法定費用ではありません)

 ・・・と、だいたいこんな感じで、最低限これだけの費用があれば車検が受けられるという事になります。

 つまり〜

 まあ かなり単純でどんぶり的な計算ではありますが、

 各整備工場の車検総費用(請求額)から上記例の当該金額差し引くと・・・ いわゆるその整備工場の取り分だったり、点検等によって交換を要した部品代だったりするわけです。

 目安程度までに。

 
 車検も 比較して選ぶ時代です!!! \(^v^
 インターネットをフル活用し、車検見積もりを比較して〜 車検メニューやサービス内容、その他 車検代の節約等〜 ご自分のカーライフ環境に適した車検 & 車検工場を選ぶなら・・・

  クルマ屋さんの私オススメの〜 車検店舗検索 & 車検見積もりWEBサービス 

Copyright (C) 車検サポートWEB All Rights Reserved. (Since:2006)