TOP PAGE > D よくあるQ&A > 自動車納税証明書の紛失

自動車納税証明書の紛失。再発行が必要?

 
 Q. 車検前に書類の準備をしていたら、自動車税の納税証明書が見当たらず、どうやら紛失したようです。 どうすれば良いですか? 再発行は可能ですか?

先ず再発行が必要となります

 A. 自動車税を納税しているのであれば〜 納税証明書の再発行は可能です。 (車検には自動車税の納税証明書が必ず必要です

 なので先ずは再発行手続きを行って下さい。

 但し、ここ近年では 白ナンバーの普通車に限って、納税証明書がなくても車検が受けられるシステムが各都道府県にて順次拡大されておりますので、(ネットワーク端末で同期され、納付書がなくても納付状況が分かるシステム) もしお心当たり御座います方は、先ずはクルマ屋さん等にてご確認されてからの再発行が望ましいでしょう。(なお、軽自動車には未だこういったシステムは御座いませんので、見当たらない場合には例外なく再発行は必要だとお考え下さい。 また普通車でも、納付から一定期間内はシステム反映されず、そういった期間内にもし車検を受ける場合にも〜 再発行が必要となる場合も御座いますので、それら辺りも一応予め)

自動車税納税証明書
自動車税納税証明書の例。 なお、こういった証書は領収証書と納税証明書が一対になっているが、領収証書側は証明書にならないので、これらを切り取るなどして証明書側が無い場合も 再発行が必要です。(上記例で言えば右側)

軽自動車の場合の再発行方法

 軽(軽自動車税)の場合には〜 その当該軽自動車税の納付先となる地域の市区町村役場・役所、または各市税事務所などで。

 軽自動車税は市区町村単位でそれぞれが個別に課税する税金ですので、納付先となる市区町村以外の役所などでは再発行手続きは出来ません。 但し、区を有するが市税となる場合には市内いずれの役所でも発行出来ますし、役所以外に別途税事務所が存在する場合には、その税事務所でもお手続きは可能ですので、(ただ管轄範囲アリ) まあまず何処でお手続き可能なのかどうかは〜 最寄りの役所などへご相談を。(さらに役場とか出張所とかで、お手続きに制限がある場合も御座いますし。。)

 ちなみに納税証明書には色々なフォームが御座いますが、車検用途であれば ”車検用(継続検査用)” という納税証明書があり、その証書であれば再発行は無料となっておりますので、(ただ地域によっては事情が異なり、有料となる場合もあるかもしれませんが。。) その証書の交付でお手続きされるのがいいでしょう。

 なお、車検用の納税証明書は車検切れ○ヶ月前など、一般的には発行してもらえる期限などが御座いますので、(地域によって異なると思われ) その辺り詳細までにつきましても予めご相談などの上にて。

普通車の場合の再発行方法

 普通車(軽自動車除く)の場合には〜 その当該自動車税の納付先となる地域の都道府県税事務所にて。

 なお自動車税は 「都道府県税(地方税)」ですので、同都道府県内の自動車税であれば、、 同都道府県内全ての税事務所にて再発行手続きが可能です。 但し、事務所の管轄範囲に制限があるなどその地域によって異なる場合も考えられますので、(納税証明書の種別によっても) また同じ税事務所でも〜 市町村単位の税事務所は管轄外ですし、、 まあいずれにしても再発行前には、出来るだけお手続き可能な事務所などはご確認の上で願います。

 ちなみに、普通車にも納税証明書には色々なフォームが御座いまして、もちろん車検用途であれば ”車検用(継続検査用)” という納税証明書があり、その証書であれば再発行は無料となっておりますので、(ただ地域によっては事情が異なり、有料となる場合もあるかもしれませんが。。) その証書の交付でお手続きされるのがいいでしょう。 またその証書であれば、各地域の運輸支局等に併設される税事務所出張所などでも発行可能となるでしょう。

 参考までに。

 もちろん普通車におきましても〜 車検用の納税証明書は車検切れ○ヶ月前など、一般的には発行してもらえる期限などが御座いますので、(地域によって異なると思われ) その辺り詳細までにつきましても予めご相談などの上にて。

再発行手続きに必要なもの

 基本的に 「車検証(実物・本物)」、「請求される方の印鑑(使用する人。基本的にはユーザー本人)」、「運転免許証などの身分証明書」の持参でOK。(但し、印鑑は不要など〜 その地域によって異なる場合も考えられますので、より詳しくは各自にて要所ご確認等下さいませ m(_ _)m)

 代理人でも問題なく請求出来ますが、稀に委任状など第三物の提出を規定する役所なども御座いますので、(また申請に関する色々な規定なども) その辺りにつきましては適所予めご確認の上にてのご準備を願います。

 なお、都道府県外へ引っ越ししてしまっているなどで、その当該自動車税の納付先となる地域を管轄する各機関(役所や税事務所など)まで容易に足を運ぶ事が困難な場合には、ほとんどの各機関においては「郵送」での再発行手続きにも応じてくれるはずですから、それらの各機関まで直接ご連絡されてみて下さい。 返信用封筒とか必要数の切手とか、、 お手続きに必要な事項を教えてくれるでしょう。 但し! こういった郵送での再発行手続きでは、最短でも約1週間、平均で約2週間ほどは時間が必要となりますので、ここら辺りは予め十分にご注意のほどを。

 ところで当ページ全般では、所有権留保(車検証上の所有者がローン会社、もしくはクルマ屋さん名義になっている)を除き〜 その自動車の車検証上の使用者と所有者が同じ場合を想定して解説させて頂いておりますが、もし所有者が親族の方など〜 また使用者住所と異なる場合には、ここで言う見解と大きく相違するケースも考えられますので、そういった場合はまた個別に各自適所ご相談するなどしてのご行動を願います。

 
 Q. これから車検をお願いするクルマ屋さんなどで、頼めば、代わりに再発行手続きをやってくれるのでしょうか?

可能な場合、不可能な場合が御座いますが、、

 A. まあ それはそのクルマ屋さん等にもよるかもしれませんが、だいたい手続きしてくれる場合が多いでしょう。 (1,000円前後の手数料が必要となるかもしれませんが・・・)

 但し! いくら代わりに再発行手続きしてくれる・・・ とは言っても、やはりその限度となる 「範囲」はあると思いますので、予めご注意のほどを。(基本的には、そのクルマ屋さんが事務所を構える地域外の自動車税納税証明書までは〜 対応してくれないと思って下さい。 例えば・・ そのクルマ屋さんの所在地が愛知県名古屋市であれば、普通車の場合だと愛知県外、軽自動車の場合だと名古屋市外 の、納税証明書までは対応してれないでしょう) 

Copyright (C) 車検サポートWEB All Rights Reserved. (Since:2006)