TOP PAGE > A 基礎知識 > 車検の受けられる時期

車検の受けられる時期について

 車検(継続検査)は、基本的にいつでも受けることが可能ではありますが、(特定の期間内までに受けなくてはならない・・・ といった規則はありません)

 但し!

 車検証に記載されている「有効期間の満了する日」を1日でも過ぎてしまった場合には〜 もちろん! その車両はそのままでは公道を走ることが出来ませんし、

 さらに!

 もし、車検証に記載されている「有効期間の満了する日」よりも随分以前に車検を受けてしまうと〜

 その車検日から、元々の 「有効期間の満了する日」までの車検有効期間は事実上カットされ、その車検日から2年間、又は1年間(軽自動車を除く貨物車)の新たな有効期間に更新されてしまいますので、(それだけ現存の車検の有効期間が短くなってしまう・・・ という事)

 車検(継続検査)を受ける時期、又は受けられる時期というのは〜

 世間一般的には 【「有効期間の満了する日」の1ヶ月前の日から〜 満了の日までの間

 と、されております。(参考 http://www.keikenkyo.or.jp/qa/procedure_bring.html 軽自動車検査協会HP。 ちなみにこの場合にはもちろん、有効期間のカットもありません)

 尚、満了日が2月1日であれば〜 1月1日(1ヶ月前の日)から 満了日の2月1日までの間 という事ですが、ただ1ヶ月前の日というのは・・・ その地域によって多少の見解の違いがあるかもしれませんので、1ヶ月前の日にユーザー車検を・・・ とお考えの場合には、事前に! 必ず! 最寄の運輸支局等、又は軽自動車検査協会などへ直接お問い合わせ頂き、ご確認頂けますようお願い申し上げます m(_ _)m

45日前という場合も

 ちなみに、その整備工場や サイト上の情報を閲覧していたら、、「車検は45日前から受けられるよ・・・」といったケースもあるかと思われますが、

 これは、指定整備工場による車検(検査)のみに限っての最大期間ですので、ユーザー車検など持ち込み検査による車検には当てはまりません。 予めご注意のほどを \(^-^

 理由は、指定整備工場は ”保安基準適合標章” という車検ステッカーの代理版を発行することができ、(車検合格後から、新しい車検証交付手続きまでの繋ぎで発行する臨時の車検証&車検ステッカーのようなもの) この有効期限がおおよそ2週間なので、、 この有効期限を上手く活用すれば45日前から車検を受けられる事になる。 まあこれ以上突っ込んで説明するとさらにややこしくなるので、えー 指定整備工場だから出来る技 と考えられておいてもよろしいでしょう。

Copyright (C) 車検サポートWEB All Rights Reserved. (Since:2006)